吾輩はちよこである。の日記

どうも(^^♪吾輩はちよこである。自分の気づきを発信していきたいです!

夫婦別姓を選べない日本、どうして?(夫婦同氏制合憲判決を読み解く)

最高裁判所の仕事と女性活躍」 櫻井(旧姓:藤井)龍子さん 2018.11.17

 

夫婦別姓は認められていない現在の日本ですが

先進各国は別姓が認められております。

最高裁裁判所判事の櫻井龍子さんの講義を聞くことができました。

櫻井さんは、夫婦同氏制合憲判決の最高裁判事15名の内の1人でありました。

 

f:id:wagahaihachiyoko:20181119133624p:plain

「夫婦同氏制合憲判決」とは?

婚姻の際、夫または妻の氏を称する。(民法750条) 

これは平等原則に反してるのではないですか~?という主張。

最高裁の多数意見は、規定上夫の氏を名乗るとは書いてないので合憲である。

という判決でした。

 

15人のうち女性判事は全員(3名)違憲であると述べ

2人の男性判事も違憲との考えでした。

(15名の内10名が合憲、5名が違憲との判断)

 

違憲理由

→我が国の96%が夫の氏を名乗ることは実質的不平等であり、間接差別ではないか?

→先進各国では別姓を認めている。

セダウ(SEDAW:女性差別撤廃委員)の意見書などを添えたらしい。

櫻井さんは講義の中で、平等原則に反する意見述べられる中で

「性による意見の違いを感じた。」とおしゃってました。

 

どうして夫の氏を選ぶの?

婚姻の際、女性である私の氏を選択できたかといえば

当然に女性が男性の氏を称すると思っており

私の場合選択の余地はありませんでした。

選択することに考えが及ばなかったのです。

私が自分の氏を称したいと言ったところで、周囲が「えっ?どうして?」となったのではないかと思います。

それは、現実の不平等と力関係が作用しているからだと言えるのではないでしょうか。

 

増加する家族関係事件

裁判の数の傾向としては民事、刑事は2~3割減少する中で、家族法関係は増加傾向にあり、家庭裁判所で終わる事が多かったものが、最高裁まで持ち上がっているそうです。

背景として、家族法が70年を経て、家族慣の変化、家族構成の変化など実体と法がマッチしてない部分があるため。だと指摘されていました。

 

権利紛争の難しさ

また、雇用の場における女性差問題は均等法の整備のおかげで法に基づきすっきりした判断をされているように感じましたが、この夫婦同氏制合憲判決のお話しをされているときは、どこかスッキリしない、判断がまとめられず、これからも続くであろうことをどこか、憂慮さているように見受けられました。

この裁判にもし、女性の裁判官が半数だったら、同じような結果になっただろうか。と講義を聞きながら思いました。

 

法律、条文を違憲とできない日本

日本では個別的、具体的な事件を訴えることではじめて条文違反を問えます。

英米法では、個別事件がなくても法律、条令そのものを違憲とできるそうです。

日本は個別に事件として、持って行かないとどんなに良い結論を出したいと思っても出せない。裁判で結論をまとめないと、その法的効果が生じない。波及しないという事は、裁判所が身近でない私たち日本人にとって、法に魂を入れるにはどうすればいいのか?ということを考えさせられる一日でした。

 

櫻井龍子さんから受け取ったもの

櫻井さんは裁判長として、平成26年10月に降格同意したマタハラ訴訟関して最高裁が極めて重要な判断を下しました。

(妊娠を理由に軽作業を希望した女性が降格、復帰後も降格されたままの地位、地裁、高裁では違法性はないとの判断が最高裁で覆される。)

これは法改正とつながり、マタハラ防止対策を事業主の義務、明文化され、働きやすい職場が実現されたのではないでしょうか。

赤松良子さんが、

「当時育児休業法制定のために大汗をかいたのです。」と講師を紹介されました。

マタハラ訴訟の話では

労働省時代に雇用の場で妊娠した女性がどれだけ弱い立場か知っていたので」と発言もされており、私はてっきりお子さんがいらっしゃる立場の方かと思っておりましたが

「私にはこどもはおりませんが、育児休業をとる親御さんや育てられている子どもたちが、私にとっては子どもや孫のように思えて嬉しくなる。」と。

人はここまで立派に慣れるのだと畏敬の念を抱きました。

 

先進各国からみると日本の女性地位に関して大きく後れをとってますが

ちょっとづつ、ちょっとづつ前進しているように感じます。

この裁判により、夫の氏を称するということが当たり前だと感じていた私も

ちょっとまてよ。と考えるきっかけになりました。

問題提議の重要性を感じます。問題意識を持った瞬間に自分でなければ誰がするのだ。というような気持ちで取り組まれたのではないでしょうか。

 

ちなみに、赤松先生は1953年に花見忠さんとご結婚されてますが、女性の氏

「赤松」の氏を選択されてます!!『志は高く』より(日本図書センター出版)

 

 

 

 

進展する第四次産業革命への対応

2018.10.20赤松政経 講師ゲストは 石倉洋子さん

 

ハーバード大学経営学博士、マッキンゼー一橋大学名誉教授・・・華やかな経歴ですが、「そんなのはどうでもよくて、今なをしていて、これから何をするかが大切」と講義がスタート。

 

f:id:wagahaihachiyoko:20181022004422j:plain

 

◆今の時代について、一極から多極へ

一見つながっているように見えて、断絶多い(格差、貧困など)

それに対して多様な意見がある、これが大切であり、兎角日本は正しい答えを求める傾向になるが、今の時代に正しい答えてというのはほとんどない。専門家ですら解は一致しない。

誰が何を言ってもいい時代。昔は偉い人から順番に言う、調べてからが主流だったが、今は違う、誰が何を発言してもいい時代。

 

◆第4次産業革命について

ダボス会議で数年前に言われ出した。

【1】スピードが違う【2】広がりが違う【3】システムが違う

この3つが大きく今までと違う。背後にあるのはテクノロジー

これを理解しないと今後やっていけない。

テクノロジーが世界を変えると言われてきたが、日本では専門家に任せる傾向があるが

実はそうではない。

テクノロジーが働き方、学び方、遊び方を大きく変える。

テクノロジーがすべてを解決すると思っていたが、必ずしもそうではなかった。

テクノロジーの光と影の2面性がある。

影→個人データの悪用。

光→誰でも何でも言える、自分から発信できる(手段の民主化

第4次産業革命で価値観が変化した。所有から共有がはじまった。

枠組みの変化により、業界とは?仕事とは?定義が変化する。

「この業界はこうだ。」という定説、言葉は通用しなくなった。

(例、スマホは何業界か→出版であり、レコードであり、通信)

 

◆SPEEDについて:EXPONENTALな変化

突然すごい勢いで増える、レベルが全然違うスピードで進む。

今までの300年よりもこれからの20年間の変化の方がすごい。

親、先生が生きた時代とは全く違う時代。=(親、先生の言う事が通用しない)

自分の経験からしか物は言えない。親が子に伝えることが子とってよいかわからない。

今までは20年学び、40年働き、リタイヤしたが人生100年になったときあと20年をどういきるか考えなければいけない。

制度が時代の変化に対応できない中で、制度を信用すると危険。

スピードというのは本当に大切。

日本のスピード感については絶望的で、日本に圧倒的に足りない部分。

完璧を求めすぎている、ちょっと試して軌道修正するスタイルに切り替えができていない。過去には完璧な理想象を描いて推進してそれで上手くいったが今は答えが無い。

誰でも1日は24時間、1年は365日どう時間を使うか、どう活用するか日頃の取り組みが大切。

 

◆世界における日本の位置づけー高齢化

SOCIETY5.0は海外で高く評価をうけているが、日本では知られていない。

全ての人が(年齢・性別に関係なく)ちゃんとした暮らしができるように日本が活用できるテクノロジーを駆使して、快適に過ごせる社会を実現させる。

世界全体の中で日本の位置づけをよく知るべき。

皆がどう思っているかわからずに日本の技術は、あーだ、こーだと言った所で駄目

だから何?となってしまう。

今どういう時代で、どういう価値観があり、流れを踏まえて、向こうがわかるように意見を言わなければならない。Contextual Understanding

・世界でも活躍するために

兎に角何か言わないとだめ、何も言わないと次から呼ばれない。

どっかに行ったら必ず何か言う。

意見は違ってもいい(そのために自分の意見は持つ日頃から考える)

居るという事を示す。カッコいい質問をしよう、いい質問をしようなんて考えずに、わからなかったら聞く、なんでもいい。そんなスタンスでいることが大切。

「一番雇用と仕事に影響を与えるものは何か?」という質問を世界の人事開発部門などに対して調査した。テクノロジーかと思っていたが、そうではなかった。

新しい働き方、柔軟な雇用という結果がでた。

これは価値観の変化を意味する。

同じ会社でフルタイムで働くという価値観から、もう少し違う働き方があるのではないかと考えはじめている。

エスタリブッシュのブランド企業のフルタイム正社員だけが仕事ではない。

 

◆人生100年時代をどう生きるか?

あなたは誰で、どこにいこうとしているのか?常に考える。

海外では子どものときからこの投げかけがある、そうすると考える。

日本で「何がしたいかわからない。」という声を聞く。

これは選択の自由をなくした学校、家庭の責任だと思う。

古いレールの上を歩かないで、あなたの人生でしょ?考えてもらいたい。

人生100年時代いくらでもリカバーできる。いくつになってもできる。

可能性は限りに無くある!!!

他の人に私のライフストリーを描かせないで、自分のストーリーは自分で描いて

研究者で余命数ヶ月の人にインタビューした結果で最も後悔したことは

「(人の意見に反対しなかったこと)自分の人生を生きなかったこと。」

人生で大きな後悔を残さない。

人の価値観で生きたら、人のせいにするでしょ?責任は自分で持つ。

あなのの人生をいきて、他人の人生ではないでしょ?With your life

 

f:id:wagahaihachiyoko:20181022004409j:plain

あっという間の40分でした。とてもテンポ良く、エネルギッシュで会場全体が話に惹きつけられているように感じました。「あなたは誰で、どこにいこうとしているのか?」この問は1人1人がこれからの時代考えなければいけない問だと思います。Contextual Understandingという考え方も世界に発信する場面だけでなく、様々なシーンで使えると思います。まずは、日頃からどれだけ、物事を考えるのか、ここら辺が肝かも!!

 

学童保育を辞めました。

 

f:id:wagahaihachiyoko:20180606055600j:plain

 

 

 

1年で学童保育を辞めた理由

ズバリ、それは多忙な業務です。

『利用者であり、運営者』という理念のもとで父母が運営者となる。

私は会計係でした。 

入金確認、先生のお給料振込。その他おやつ代をどうするか、保険、修繕費等々。

父母会への出席2ヶ月に1回

夏のキャンプ・歓迎会・送別会・草むしり、大掃除etc

子ども祭りの参加(欠席連絡をしましたが、強制参加ですと連絡が・・・)

7時のお迎え間に合わない!遅れると始末書です。(延長料金1000円)

 

学童の仕事を家庭内で分散するために

夫に月1の入金確認をするか、父母会の出席をお願いしたのですが

即効「無理!」と言われ

2年生になるタイミングで役員を引き受けられない。

小さい子を連れて(2歳)全ての行事に役員として行事に参加するが大変だと感じ

学童を辞めました。

 

辞めて良かったこと

辞めて良かったことは束縛からの解放~♪

学童に縛られた時間が自由時間に変身しました。

・入金確認の作業時間

・父母会参加の時間

・イベント参加の時間

・学童へお迎えに行く時間がカットされました。

・習い事ができるようになった。

 

後悔していること

後悔は全くありません。学童に通うお父さん、お母さん、こどもたち

みんな結構好きだったし夏のキャンプも何気に楽しかったです。

が、やはり入金確認や父母会

イベントの強制参加は自由時間を取られてしまうので

その意味では全く後悔がありません。

ただ、子どもが鍵っ子になり

下校後は宿題→校庭に遊びに行くという

学童保育の行動と全くかわりないのですが

「大人の目がない」という点で親としては何かあったらと心配です。

 

なので、お友達のご家庭にサポートをお願いしたり

マンションの知り合いの方に話をしておいたりと配慮は必要です

いざという時に助けてもらえるような体制づくりは必要です。

 

校庭でも学童の先生、お友達が遊んでくれている様子があるようで有難い限りです。

学童に通っているお母さん達の大変そうな姿。

「今から学童の懇親会です」

「今から父母会です。」と少し疲れた顔をみると

(特に育児ワンオペになっている家庭)

何の為の学童なの?と思ってしまいます。

 

うちの子は学童があまり好きでなかったという事もあり

他の子も学童を辞めていたので、学童って辞めていいんだー。

辞める事に対する強い抵抗感を持って育った私ですが学童を続けていたら

(育児ワンオペな我が家の場合)自分がいっぱいいっぱいになり、涙を流していたような気がします。

 

一方で学校、学童に子どもが馴染むことができないという理由で

離職したママさんもおります。ここでご主人が何かサポートをしてくれれば・・・。

と私は思いますが、多くのご家庭では女性がキャリアを諦めているようで残念です。

 

 

 

 

 

 

無意識の偏見とは(アンコンシャスバイヤス)

2018/2/22(木)19:00〜21:45:無意識の偏見とLGBT対応に参加

●登壇者

▷パク・スックチャ 勝間和代▷増原裕子 参加者約70名

人間がいかに無意識の中で生きているのかわかったセミナー。

人をたたく心理が理解できたような一日でした。

排除する社会でなく、包括できる社会を目指したいと改めて思います。

f:id:wagahaihachiyoko:20180309083928j:plain

備忘録

私が見ているもの、私たちがみているもの、同じ物をみても他人の捉え方は違う

私たちは主観的に見て捉えている。

第一印象は疑うべきであり事実ベースではない。

偏見とは十分な根拠なしにもった偏った判断であり、これを無意識のうちに行っている。

 

人の脳処理は99%は無意識である。

意識は約1千100万個の中から40個、たった40個しかプレセス処理できない。

それだけ脳は効率よく大量情報を処理しているのである。

我々は無意識のうちに判断をしている。

 

まず第一ステップは、我々はバイアスを持っていると認めることだ。

人は皆バイアスを持っているという自覚

 

我々は、罪なき人は叩かれるべきではないと頭で理解しておきながら

自分の頭の中の秩序を乱されると、怒る。

自分の秩序ルールから外れてはいけない、自分の世界を守るため

自分が正しい=相手は正しくない=罪なき人を叩くという行動に走ってしまう。

 

世界というのは、正しい、正しくないの2つの選択が出来る程単純ではなく

我々が生きている社会、世界、宇宙ははもっと無秩序で、ぐちゃっとしたカオス状態である。勿論、その中で最低限のルールというのは必要ではある。

 

自分の世界から外れる人を叩くことをやめる。

本能として、自分が下になりたくない、だから自分の下をつくる。

だから理性をつかって、自分の世界から外れる人を叩くことを辞める。

 

マジョリティはパワーを持っている。鈍感である。

マイノリティは繊細である。

自分の態度は無意識である。コントロールできない所で判断を下している。

コミュニケーションの量を多くし、根拠なき判断から根拠をもって判断をする。

 

人種で差別してないか?

性別による差別はしてないか?

区別と差別は違う、区別は自分とは違う、あの人とは違う

差別は上下の関係をつくりだしてしまい、マイノリティを劣っている、異常とみなす。

 

LGBTへの偏見をなくす活動中、活動自体を辞めて欲しい、ばれたくないと思っているので余計なことは辞めて欲しいという意見。

活動する、しないということが問題ではなく

差別・偏見をすることが間違っている

何かを隠すことは本人の自由であるが、差別をする偏見を持つという事を改めなければならない。

 

隣の人の問題は、社会全体の問題である。

私という人間は、いくつもの私ででいている。FOR ONES

世界は1人の複数形でできている。

 

個人の感情はコントロールできない、暴走すると差別も生まれてしまう。

だからこそ、言葉でコミットメントする必要がある。

 

2018/2/22(木)19:00〜21:45:無意識の偏見とLGBT対応

●登壇者

▷パク・スックチャ 勝間和代▷増原裕子 参加者約70名

 

▷パク・スックチャ 
アパショナータ, Inc.代表 ダイバーシティ(多様性)&ワークライフ・コンサルタント 
日本生まれ,韓国籍。米国ペンシルバニア大学経済学部BA(学士)、シカゴ大学MBA(経営学修士)取得。米国と日本で米国系企業に勤務後、日本に戻り米国系運輸企業に入社。同社にて日本・香港・シンガポール・中国など,太平洋地区での人事,スペシャリストおよび管理職研修企画・実施を手がける。 
2000年に退社し、日本で最初にワークライフバランスを推進するコンサルタントとして独立。 
同時にグローバル化と複雑化する多様性への適切な対応に向けダイバーシティの専門家として、多様な人材マネジメントと受容的環境構築(インクルージョン)に取り組む。 
近年では「無意識の偏見/アンコンシャスバイアス」を日本で広めるべく、執筆、講演等の普及活動及び、組織での意識改革と行動変革に力を注ぐ。 
企業にメリットをもたらす手法で進める在宅勤務導入コンサルティングで成功実績を出し、企業での在宅勤務(テレワーク)も専門とする。 
Forbes JapanオフィシャルコラムニストHP:http://www.worklifebalance.co.jp

 

勝間和代

1968年東京生まれ。
経済評論家、中央大学ビジネススクール客員教授
早稲田大学ファイナンスMBA、慶応大学商学部卒業。
当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得、大学在学中から監査法人に勤務。
アーサー・アンダーセンマッキンゼーJPモルガンを経て独立。
現在、株式会社監査と分析取締役、内閣府男女共同参画会議議員、国土交通省社会資本整備審議会委員、中央大学ビジネススクール客員教授として活躍中。

 

ウォール・ストリート・ジャーナル「世界の最も注目すべき女性50人」選出
エイボン女性大賞(史上最年少)
第一回ベストマザー賞(経済部門)
世界経済フォーラム(ダボス会議)Young Global Leaders
少子化問題、若者の雇用問題、ワークライフバランス、ITを活用した個人の生産性向上、など、幅広い分野で発言をしており、ネットリテラシーの高い若年層を中心に高い支持を受けている。Twitterのフォロワー61万人、FBページ購読者4万6000人、無料メルマガ4万7000部、有料メルマガ4000部などネット上で多くの支持者を獲得した。5年後になりたい自分になるための教育プログラムを勝間塾にて展開中。
著作多数、著作累計発行部数は500万部を超える


▷増原裕子

LGBTコンサルタント/株式会社トロワ・クルール代表取締役慶應大学大学院修士課程、慶應大学文学部卒業。ジュネーブ公館、会計事務所、IT会社勤務を経て起業。ダイバーシティ経営におけるLGBT施策推進支援を手がける。経営層、管理職、人事担当者、営業職、労働組合員等を対象としたLGBT研修の実績多数。『日経ビジネス』『日経ビジネスアソシエ』『日経ウーマン』などメディア掲載多数。

 

 

他人から与えられた目標ではなく、自分の内側から出てくる思いや夢や形

他人から与えられた目標ではなく、自分の内側から出てくる思いや夢や形

自信のキャリア開発において
チャンスを待つ。キャリアの種をまき続ける(2~3年)蒔かない種は咲かない
という事を考えてます。

努力していると思っても結果ができないというかむしろ不幸になっている経験
ありませんか?
与えられた仕事をして、やりたくないなぁと思う時や全体像が見えないまま走った結果
イマイチな顔をされる、自分も満足できない

loose-looseの関係と言えばいいのでしょうか?
反対に自分がワクワクしながら行動した結果、結果がでる事の方がおおいし
自分も満足度、満たされている感があり、反省含めPDCAサイクルを回せる感覚があります。

自分の内側から出てくる思いや夢や形がないときは
与えられることがとてもラクではあります。

例えば、課長になる、結果をだす、期待に応える。


資本主義という会社の欲望はとどまることがなく・・・
・その期待値はどんどん大きくなる。
    ↓
・期待に応えれなくなる
    ↓
・疲弊する

という現在の社会の仕組みを理解しなければなりません。

で、私はというと、やっぱり内なる声に耳を傾ける方を選びます。
私が会社に最適化してしまい、自分の好き、自分の楽しいの追求を無視しつづけてしまいましたが
自分を見失わないように舵をきりたいとそんなことを思いました。

私が主婦になれない理由を考えてみる

私が主婦にならない、なれない理由はなんだろうか考えてみた。

 

一つ、旦那のお金を使うことに罪悪感を感じてしまう。

一つ、お金の使い道を誰かに制限をかけられるのが嫌

一つ、家計が経済的にラクだから。

一つ、専業主婦としてパフォーマンスがイマイチ(特に家事)

一つ、育児ワンオペが推進されるから

 

どれもそう思っているのだが

最後の育児ワンオペが推進されてしまうという理由が今一番しっくりくる。

わが家計は、経済的には別々で、一時期は私が多く負担をしていた。

(家賃、子の保育園、食費)育児負担がイーブンだとは全く思わなかった。

その分義理の母に色々とお願いしていたが、やはり色々と小言を言われるのは

母であり、嫁である「私」

 

夫になんど育児参加が難しいなら転職してとお願いしたことか。。。

そして、今時短勤務を選択してみてわかったのだが

稼ぎが少なくなり、時間の余裕ができると増々育児ワンオペは加速してしまう。

 

すでに同じ会社、同じ職種、同期ということで給与乖離がいかに大きいかわかるおそらく400万円近く差がでている。

 

そして、ふと気づいたのだが、夫は増々子育てをしなくなっていく。

私は自分の力で外部リソースを入れた。家事代行サービス手取りで16万程度なので余裕があるわけではないが、それでも自分の時間は増えていい事だと思う。

しかし、不満は残る。

私は自分のため、子の為に犠牲にしたものをいくつも上げられるが、夫はどうだろうか?

私、私たちの為に何を犠牲にしたというのだろうか。?怒り。

 

しかし、ある人に言われた言葉だが、人は簡単には変わらない・・・。

時々夫がフリーライダーに見えて攻撃したくなる。

こうやって離婚への一歩が進むのだろうな。。。と感じながら

転職サイトを調べる私。

 

育児の大変さをわかって欲しい。

そして、ちょっとでいいから協力して欲しいだけなんだけど。

 

家出を計画しても、泣く子どもをみて一緒に熱海に旅行してしまう吾輩でした。

 

子どもの熱!仕事どうする?

朝起きて、洗濯機から乾燥機へ洗濯物を詰め込みむ。

そうかとおもうと、息をつく間もなく、第一ラウンドの開始!!!

朝食の準備をしてオムツを変える、そうかと思うともう時間!!!

カンカンカーン!

「学校遅刻するぞー、ハンカチ、ティッシュ、ヘルメット準備してからご飯たべてー」

ぼーっとしている長男は呑気にストーブの前でぼぉ~っとジャムパンをかじる。

「あたいも、あたいも」と下の娘は人の物を欲しがり

母「半分分けてあげなさい」

息子「えー嫌だ」

ここから喧嘩がはじまり、長男を見送り、長女を保育園へ送り届ける

「ママがいいーーママがいいーー!ママーあーーーー」

後ろ髪を引っ張られる思いで、第一ラウンド終了

 

第二ランド

職場につく、いつ何時お迎えコールがきてもいいように仕事は前倒しを心掛ける

10:00保育園からの着信

この時点で、ママは察するのである。「はぁ~お迎えかぁ」さっき、送り届けたばかりだというのに。。。

 

吾輩は保育園へ出動、熱のある我が子を抱え、病院へGO!

そのうちに、長男の学童のお迎えへ、夕ご飯、子どもが吐く。泣く。

土曜日は熱が下がったかと思うと、日曜日にはまた高熱。

月曜日はPTAだ。

夫へPTA代わりにでてくれないか?とお願いするが

俺、月曜日仕事なんだよな~。

 

私も、月曜日仕事なんだよ。。。

仕事だけど、しれでもPTAの会議にでるんだよ。。。

そして娘は熱出してるだよ。。。

 

明日お願いできるか検討したがキッズラインでは

病児を入れた途端に該当者がおらず。

kidsline.me

フローレンス取り組み事項は大好き!だけど、利用者としては

登録料金3万円が今の私にはきつい。

florence.or.jp

 

さいたま市の病児保育は

医師の診断書がいるから、明日は無理。すぐ下がるだろうと思ったのが間違えだった。

病児保育 | さいたま子育てWEB

 

パートだって何の仕事だって、急に仕事に穴を空けるのって

休む本人も申し訳なさがある。

病児保育を利用できるような、経済力を女性が持たなければならないのだろうか?

それとも、子どもが熱をだして、会社を休んでもまわりに影響がでない働き方仕組みを考えてはどうだろうか?

 

日曜日、休むことが当たり前のように

熱が出たら、休むことが当然当たり前のように。

 

振り返って、発熱時にこどもの傍で看病できたことを

幸せだったなぁ~と思う日が私にも来るのだろうか。(苦)

 

明日には熱が下がっていますように。

母はこうして祈るしかないのである。